コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルトラ駅長たま

1件 の用語解説(ウルトラ駅長たまの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ウルトラ駅長たま

和歌山電鐵貴志川線の駅長。1999年生まれ。三毛猫のメス。2007年、同線の貴志駅長に就任。2008年、スーパー駅長に任命。たま駅長の就任以降、乗降客は増え、車体に同駅長のイラストが描かれた「たま電車」の運行や、全体を猫の顔に見立てた檜皮葺(ひわだぶき)の駅舎への改装が行なわれるなど、同電鐵のマスコットキャラクターとなる。2008年、県より「和歌山県勲功爵(わかやまでナイト)」の称号を受ける。2011年1月、同電鐵を運営する和歌山電鐵株式会社の常務執行役員に任命、2013年1月には社長代理となる。2014年1月、同線14駅の総駅長(ウルトラ駅長)に就任。2015年6月、心不全により死去。享年16歳。死後、名誉永久駅長に就任。長年にわたる地域経済の活性化への貢献を讃え、紀の川市長と和歌山市長の連名による功労賞も贈られた。貴志駅に鎮座する「たま神社」にたま大明神として祀られている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラ駅長たまの関連キーワード貴志川[町]貴志川〈町〉和歌山県紀の川市貴志川町北和歌山県紀の川市貴志川町国主和歌山県紀の川市貴志川町神戸和歌山県紀の川市貴志川町高尾和歌山県紀の川市貴志川町鳥居和歌山県紀の川市貴志川町西山和歌山県紀の川市貴志川町前田和歌山県紀の川市貴志川町丸栖

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルトラ駅長たまの関連情報