駅舎(読み)えきしゃ

精選版 日本国語大辞典「駅舎」の解説

えき‐しゃ【駅舎】

〘名〙
① 宿建物。また、宿場の旅館。駅家(えきか)。駅亭。
※鹿苑日録‐明応八年(1499)八月六日「日本人隔介人而刺之。刃傷大人乳下。大明人数万人。須臾囲日本人之駅舎。事已急矣」 〔方回‐題苦竹港寓壁詩〕
鉄道などの駅の建物。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「駅舎まで馬車数乗を出して迎ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「駅舎」の解説

【駅舎】えきしや

はたご

字通「駅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「駅舎」の解説

えき‐しゃ【駅舎】

鉄道の駅の建物。
駅家えきか」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android