ウルトラC(読み)ウルトラシー

精選版 日本国語大辞典「ウルトラC」の解説

ウルトラ‐シー【ウルトラC】

〘名〙 (洋語ultra C)
体操競技で、最高の得点基準である術よりさらに難しい、ひねりや旋回などを取り入れた技。
② (比喩的に) 難しいことを見事にやりとげること。ものすごいこと。最高であること。
※流行うらがえ史(1965)〈うらべまこと〉一一「これは、日本の洋裁教育、洋裁技術を根底からゆり動かすようなウルトラC、いうなれば忍法立体裁断である」
[補注]①はその後の採点規則の改訂で、現在ではE難度が最高難度となっている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ウルトラC」の解説

ウルトラ‐シー

《〈和〉ultra+C》
体操競技で、かつての最高難度C以上の、ひねり・旋回などを取り入れた技。
《体操競技で1が決め技であるところから》とっておきの秘策。奥の手
[補説]1について、現在は難度Iが最高。→難度2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android