ウルビーノ公夫妻の肖像

デジタル大辞泉の解説

ウルビーノこうふさいのしょうぞう〔‐コウフサイのセウザウ〕【ウルビーノ公夫妻の肖像】

《原題、〈イタリアDoppio ritratto dei duchi di Urbinoピエロ=デラ=フランチェスカの絵画。板に油彩。縦47センチ、横66センチ。対面するウルビーノ公フェデリコと妻バッティスタを真横から描いた作品。ルネサンスの肖像画の代表作の一として知られる。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android