コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルリヒ[シュトラスブルク] Ulrich von Strassburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルリヒ[シュトラスブルク]
Ulrich von Strassburg

[生]1248頃
[没]1278頃
ドイツのスコラ哲学者,神学者。エンゲルベルト Engelbertともいう。ドミニコ会士。トマス・アクィナスとともにアルベルツス・マグヌスの弟子。アリストテレスロンバルドゥスの著作の注解を著わしたらしいが現在は散逸しており,『善についての大全』 Summa de bono (1262~72) 全8巻中の第1巻と断片のみが残っている。その思想はアウグスチヌス的,新プラトン的で,偽ディオニュシオスの著書やアビセンナらの影響が強い。ウルリヒは人間は究極因たる神を知るための知的存在にすぎず,完徳は神にのみ属するもので,被造物たる人間には到達しえないのであり,信仰においてのみ神に近づきうると考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルリヒ[シュトラスブルク]の関連キーワード藤原信実ケルン大聖堂北条顕時ピサーノ弘安ワーツラフ2世ケルン大聖堂ロイヤルホールディングス安達景盛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android