コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条顕時 ホウジョウアキトキ

3件 の用語解説(北条顕時の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐あきとき〔ホウデウ‐〕【北条顕時】

[1248~1301]鎌倉中期の武将。実時の子。父の志を継ぎ、金沢文庫を隆盛にした。金沢顕時

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条顕時 ほうじょう-あきとき

金沢顕時(かねざわ-あきとき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条顕時

没年:正安3.3.28(1301.5.7)
生年:宝治2(1248)
鎌倉後期の武将。初名は時方。法名・恵日。父は実時,母は政村の娘。夫人は遠藤為俊の娘,安達泰盛の娘(如大尼,京都の景愛寺開山),千葉泰胤の娘(六浦嶺松寺の開基)。鶴岡八幡宮の門前に邸宅を構え「赤橋殿」と呼ばれた。文永6(1269)年に引付衆,弘安1(1278)年に評定衆,同4年に引付頭人と経歴したが,同8年の霜月騒動により下総国埴生荘(千葉県)に籠居し,永仁1(1293)年の平頼綱の排除後に復帰し執奏となり,翌2年に執奏の廃止により引付頭人となった。父と同様に学芸に秀で,『小学』などを学ぶ一方,禅に傾倒し大休正念に師事し五山版の先駆けとなる『伝心法要』を開版した。また,正安3(1301)年には称名寺の梵鐘を改鋳した。顕時の花押は,北条氏の花押の類型である時政型,義時型のいずれにも属さない独特の花押である。なお,鎌倉の北条氏の抗争を伝える著名な「顕時書状」は南北朝期の偽作とされる。称名寺には顕時の画像が伝来し,五輪塔より出土した青磁壺は中国陶器の基準作として著名である。<参考文献>関靖『金沢文庫の研究』,佐藤進一「執権北条氏の花押について」(『金沢文庫研究』264号),百瀬今朝雄「北条(金沢)顕時寄進状・同書状案について」(『郷土神奈川』26号),前田元重「箱根宝篋印塔と大工前大和権守大蔵康氏」(『金沢文庫研究紀要』9号)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条顕時の関連キーワード綾小路信有三条実任正親町公兼千鳥祐春西山慈寛柳原量光国光恵日京極宗氏北条兼時

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone