コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス Magnus Haraldsson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス
Magnus Haraldsson

[生]1035
[没]1069
ノルウェー王 (在位 1066~69) 。2世とも数えられる。ハーラル3世 (苛政王) の子。父王の死によってノルウェー王となり,弟オーラフ3世 (静寂王) がイングランドより戻ってからは共同統治,北半部を支配した。

マグヌス
Magnus, Olaus; Olaf Mansson

[生]1490.10. リンチェーピング
[没]1557.8.1. ローマ
スウェーデンのカトリック聖職者,歴史地理学者。宗教改革期にルター派と争ってローマにおもむき (1523) ,以後亡命生活をおくったが,晩年スウェーデンの大司教に任じられた。『北ヨーロッパの地理と地誌』 La carta marina et descriptio septentrionalium terrarum ac mirabilium rerum in eis contentarum (39) ,『スウェーデン史』 Historia de gentibus septentrionalibus (55) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マグヌスの関連キーワードヤーン(Hans Henny Jahnn)マグヌス1世[スウェーデン王]ベルトルト[レーゲンスブルク]クッタ‐ジューコフスキの定理ビルイェル・マグヌッソンエーリック・マグヌッソンシルヴィー ジェルマンスベッリ・シグルソンセントマグヌス大聖堂トマス・アクイナスハンス ペテルソンベネディックス効果フッチェンロイタートマスアクィナスハーラル[3世]フォルクング王家エーリック1世エーリック2世スウェイン2世ウィーデマン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マグヌスの関連情報