コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス マグヌス Magnus Haraldsson

3件 の用語解説(マグヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス
マグヌス
Magnus Haraldsson

[生]1035
[没]1069
ノルウェー王 (在位 1066~69) 。2世とも数えられる。ハーラル3世 (苛政王) の子。父王の死によってノルウェー王となり,弟オーラフ3世 (静寂王) がイングランドより戻ってからは共同統治,北半部を支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マグヌス
マグヌス
Magnus, Olaus; Olaf Mansson

[生]1490.10. リンチェーピング
[没]1557.8.1. ローマ
スウェーデンカトリック聖職者,歴史地理学者宗教改革期にルター派と争ってローマにおもむき (1523) ,以後亡命生活をおくったが,晩年スウェーデンの大司教に任じられた。『北ヨーロッパの地理と地誌』 La carta marina et descriptio septentrionalium terrarum ac mirabilium rerum in eis contentarum (39) ,『スウェーデン史』 Historia de gentibus septentrionalibus (55) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マグヌス

ドイツの物理学者,化学者。1834年ベルリン大学教授。マグヌス効果を発見(1852年),セレンテルルを研究,血液中のガスに関する呼吸生理的研究もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マグヌスの関連キーワードグルーピングアンチドーピングスイーピングスイーピング法世界アンチドーピング機構日本アンチドーピング機構サンチェーンアンチドーピングキャンペーン国際アンチドーピング機関 (International Anti-Doping Agency)アンチドーピング (anti-doping)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マグヌスの関連情報