コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルンダヌバトゥール寺院 ウルンダヌバトゥールジイン

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウルンダヌバトゥールじいん【ウルンダヌバトゥール寺院】

インドネシアのバリ島キンタマーニにあるヒンドゥー教の大きな寺院。幾何学(きかがく)的な美しい彫刻の寺院や11層のメル(塔)がある。バトゥール湖の守護神デウィ・ウルン・ダヌを祀っており、豊穣の神としてバリの人々の信仰を集めている。もともとはバトゥール山の麓にあったが、1926年に起こった大噴火で現在の外輪山付近に移された。◇正式名称は「Pura Ulun Danu Batur」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ウルンダヌバトゥール寺院の関連キーワードウルンダヌバトゥール寺院ウルンダヌブラタン寺院ウルンダヌブラタン寺院バトゥール湖バトゥール山ウルワトゥ寺院クヘン寺院クボエダン寺院ゴアラワ寺院ジャガナタ寺院

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android