ウレイド

  • ureido

世界大百科事典 第2版の解説

(1)尿素(H2N)2COの水素1原子を除いて得られる1価の基H2NCONH-のこと。英語ではureido。カルバミドcarbamideともいう。(2)尿素(H2N)2COの水素原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称。英語ではureide。別名アシル尿素acylurea。モノアシル尿素RCONHCONH2とジアシル尿素(RCONH)2COが知られている。環状ウレイドの中には生理作用にかかわる重要な化合物が多く,アロキサンウラシル尿酸,また代表的な催眠剤バルビタール(ジエチルバルビツール酸)などがその例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

】カルバミド(carbamide)ともいう.尿素からH 1個がとれてできる一価の基H2N-CONH-の名称.【】尿素の水素原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称.一置換体(モノアシル尿素)と二置換体(ジアシル尿素)とがある.ウレイドのうち,重要なものはジカルボン酸,β-アルデヒド酸,β-ケト酸およびα-ヒドロキシ酸から誘導される環状ウレイドである.

ほかに,ジカルボン酸の一方のカルボキシル基がウレイドを形成しているウレイド酸,1分子内に2個の尿素基を有するジウレイド(たとえば,尿酸)もある.一般に,尿素に酸塩化物または酸無水物を作用させるか,ホスゲンに酸アミドを作用させて生成する.三塩化リンの存在下で尿素にジカルボン酸を作用させれば環状ウレイドが生成する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android