ウレイド

世界大百科事典 第2版の解説

ウレイド

(1)尿素(H2N)2COの水素1原子を除いて得られる1価の基H2NCONH-のこと。英語ではureido。カルバミドcarbamideともいう。(2)尿素(H2N)2COの水素原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称。英語ではureide。別名アシル尿素acylurea。モノアシル尿素RCONHCONH2とジアシル尿素(RCONH)2COが知られている。環状ウレイドの中には生理作用にかかわる重要な化合物が多く,アロキサンウラシル尿酸,また代表的な催眠剤バルビタール(ジエチルバルビツール酸)などがその例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android