ウースチーナドラベム(英語表記)Ústí nad Labem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウースチーナドラベム
Ústí nad Labem

ドイツ語ではアウスィヒアンデアエルベ Aussig an der Elbe。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方北部の都市。プラハの北 70km,ラベ (エルベ) 川西岸,ボヘミア炭田の北端に位置する。硫酸,医薬品などの化学工業と機械工業を中心に,ガラス,陶磁器,繊維,食品などの諸工業が行われ,造船業もある。ラベ川にのぞむ古城ストシェコフの付近に水力発電所があり,火力発電所もある。鉄道,道路交通の要地。 10世紀末から知られているが,今日のように発達したのは 19世紀からである。第2次世界大戦で大きな被害を受けたが戦後復興した。人口9万 9739 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android