コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウースチーナドラベム ウースチーナドラベムÚstí nad Labem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウースチーナドラベム
Ústí nad Labem

ドイツ語ではアウスィヒアンデアエルベ Aussig an der Elbe。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方北部の都市。プラハの北 70km,ラベ (エルベ) 川西岸,ボヘミア炭田の北端に位置する。硫酸,医薬品などの化学工業と機械工業を中心に,ガラス,陶磁器,繊維,食品などの諸工業が行われ,造船業もある。ラベ川にのぞむ古城ストシェコフの付近に水力発電所があり,火力発電所もある。鉄道,道路交通の要地。 10世紀末から知られているが,今日のように発達したのは 19世紀からである。第2次世界大戦で大きな被害を受けたが戦後復興した。人口9万 9739 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウースチーナドラベムの関連キーワードエルベ川

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android