コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーベイン橋 ウーベインばし

2件 の用語解説(ウーベイン橋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウーベインばし【ウーベイン橋】

ミャンマーの中央部にある同国第2の都市マンダレーの南約11km、古都アマラプラの東の郊外にある、タウンタマン湖をまたいで架かる全長1.2kmの橋。この橋は、1849年に王都をインワからアマラプラに移す際に、バガン王の命令により使われない旧王宮のチーク材を使ってつくられた、世界最長の木造の歩道橋。1086本の木製の橋脚がこの橋を支えている。マンダレーからはトラックバスで30分ほど、バスを降りて20分ほど歩くと橋のたもとに到着する。橋を渡るのにさらに20分ほどかかる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウーベイン‐ばし【ウーベイン橋】

U Bein Bridge》ミャンマー中部の町アマラプラのタウンタマン湖にかかる橋。19世紀半ば、インワからアマラプラへの遷都の際に、インワの旧王宮から運んだチーク材のみで建造。全長約1200メートル。チーク材を用いた木造橋としては最長最古の橋として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーベイン橋の関連キーワードピンマナミャンマーコウパボーグルサンペドロスーラセンターマークОшХуҷандミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウミャンマーの少数民族

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone