コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアリー点(英語表記)Airy points

法則の辞典の解説

エアリー点【Airy points】

棒を水平に,かつ曲がりが最少になるようにつるす最適な.点と点の間の距離で与えられる.ここで t は棒の長さで,n は点の数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エアリーてん【エアリー点 Airy point】

長さlの二つの平行な測定平面をもった端度器および断面が長方形で表面に目盛が刻まれている標準尺を,両端面からそれぞれ0.2113lの2点で支持すると,自重によって変形した後においても,両測定面が平行に保たれ,長さの変化が最小になる。このような支点位置をエアリー点という。この点で支えた場合の変形による長さの縮み量は1mで(1~2)×10-5μm程度である。【沢辺 雅二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android