コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアリー点 Airy points

法則の辞典の解説

エアリー点【Airy points】

棒を水平に,かつ曲がりが最少になるようにつるす最適な.点と点の間の距離で与えられる.ここで t は棒の長さで,n は点の数である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エアリーてん【エアリー点 Airy point】

長さlの二つの平行な測定平面をもった端度器および断面が長方形で表面に目盛が刻まれている標準尺を,両端面からそれぞれ0.2113lの2点で支持すると,自重によって変形した後においても,両測定面が平行に保たれ,長さの変化が最小になる。このような支点位置をエアリー点という。この点で支えた場合の変形による長さの縮み量は1mで(1~2)×10-5μm程度である。【沢辺 雅二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エアリー点の関連キーワード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android