コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアリー点 Airy points

2件 の用語解説(エアリー点の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

エアリー点【Airy points】

棒を水平に,かつ曲がりが最少になるようにつるす最適な点.点と点の間の距離はで与えられる.ここで t は棒の長さで,n は点の数である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エアリーてん【エアリー点 Airy point】

長さlの二つの平行な測定平面をもった端度器および断面が長方形で表面に目盛が刻まれている標準尺を,両端面からそれぞれ0.2113lの2点で支持すると,自重によって変形した後においても,両測定面が平行に保たれ,長さの変化が最小になる。このような支点位置をエアリー点という。この点で支えた場合の変形による長さの縮み量は1mで(1~2)×10-5μm程度である。【沢辺 雅二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エアリー点の関連キーワード角柱カバリエリの原理双晶端度器分力球帯柱体平行球分フレネル‐アラゴの第三法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone