コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウスタチオス[テッサロニカ] Eustathios of Thessalonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウスタチオス[テッサロニカ]
Eustathios of Thessalonica

[生]?
[没]1194頃.テッサロニカ
ビザンチン時代の神学者,文献学者。文献学の分野ではホメロス,ピンダロス,アリストファネスらの作品の注釈を残したが,これは散逸したさまざまな文献の内容を伝えるとともに,ビザンチン時代の古典研究の高度の水準を示している。神学に関しては説教集,さまざまな論文,ダマスカスの聖ヨハネ作の賛美歌の注釈などの著作がある。またテッサロニカ大主教の職にあったとき,ノルマン人の同市攻略 (1185) に遭遇し,その詳細な記録を残した。そのほか皇帝マヌエル1世の葬送演説,多数の書簡を残すなど,ビザンチン教養人の典型として多彩な活動を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エウスタチオス[テッサロニカ]の関連キーワードシャルトル大聖堂山槐記シャルトル大聖堂陳亮石山寺クララ山槐記陳亮ハインリヒ[6世]六百番歌合