コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンダロス ピンダロス Pindaros

6件 の用語解説(ピンダロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンダロス
ピンダロス
Pindaros

[生]前518頃.テーベ,キュノスケファライ
[没]前438頃.アルゴス
ギリシア最大の抒情詩人。名門の家に生れ,アテネに学び,各地の貴族や僭主に招かれて,注文に応じて合唱隊歌を作った。ペルシア戦役には故郷テーベの方針にならって中立を守ったが,戦後運動競技が再び盛んになると,昂揚する思想と大胆な比喩と崇高な言葉によって優勝者をたたえる彼のエピニキオンは争って求められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピンダロス(Pindaros)

[前518ころ~前438ころ]古代ギリシャの詩人。オリンピア祭など四大祭典の競技祝勝歌四十数編が伝存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピンダロス

ギリシアの合唱隊歌詩人。特に競技祝勝歌で有名。オリュンピアピュティア,イストミア,ネメアの四大祭典における競技での勝利を祝う歌はほぼ完全に残っている。壮大華麗な用語と文体,複雑な韻律自由奔放な想像をもって知られ,ときに難解。
→関連項目コリンナヒエロン[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピンダロス【Pindaros】

前522か518ころ‐前442か438ころ
古代ギリシア最大の合唱隊歌詩人。テーバイの近郊キュノスケファライに生まれた。残された作品のうち最も古いものは前498年のもの(《ピュティア競技祝勝歌》第10番)と推定され,最後の歌(同8番)は前446年に制作されたと推定される。彼の生涯について知られている種々の事柄は,ほとんどが憶測に過ぎないアレクサンドリア時代の注釈家の証言によれば,ピンダロスの詩歌集はジャンル別に編集され,その数17巻に及んだが,中でもオリュンピア,ピュティア,ネメア,イストミアの四大競技別に編集された《競技祝勝歌集》4巻が非常に愛読され,古典期以前のギリシア抒情詩人としてはまったく例外的に,現在までほぼ完全な形で伝わるところとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ピンダロス【Pindaros】

前522~前442) (または518~または438) 古代ギリシャの合唱抒情詩人。オリュンピアなど四大祭典競技の壮大晦渋かいじゆうな競技祝勝歌が、古典期以前の抒情詩人の作品としては例外的にほぼ完全な形で現存。他は断片のみ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンダロス
ぴんだろす
Pindaros
(前522/518―前442/438)

古代ギリシア最大の叙情詩人。テーベ近郊のキノスケファライの出身で、家系は古い貴族の門流に属するという。現存する最古の作品が前498年に世に出ているところから、早くからギリシア各地を遍歴して活躍したらしい。その生涯については確実なことはほとんど知られていない。作品は合唱叙情詩のすべての種類にわたっているが、競技祝勝歌(エピニーキア)45編がほぼ完全に伝わっているほかは、大小さまざまな断片が残されているにすぎない。祝勝歌は、汎(はん)ギリシア的祝祭競技(オリンピア、ピティア、イストミア、ネメア)の勝利者のための頌歌(しょうか)である。その構成は、一定のパターンでそれぞれのテーマが技巧的に結び付けられており、韻律は複雑で同じものが二度と用いられない。
 詩句は荘重なスタイルでピンダロス独自の絢爛(けんらん)と晦渋(かいじゅう)を極めている。とくに大胆な比喩(ひゆ)やメタファー、また技巧的な配語法などには、一定の型にはまりがちな祝勝歌に万華鏡のように自在な変化を加味するピンダロスの真骨頂が発揮される。祝勝歌に荘重と雄大を強調する傾向はむしろ当然で、詩人の配慮がすべて賞賛へ集中するので、詩人の個人的見解や信念など自らを語る詩句の指摘はむずかしい。しかしピンダロスの詩人としての高い使命感と自信は、「ムーサよ、私に神託をくだし給え。さすれば私が神託を説き明かす者となろう」という詩人とムーサとの根源的な関係が至る所に暗示されていることから明らかであろう。人間の価値を英雄と貴族の古風な徳目にしかみない彼の態度は、そのまま彼の頑迷と孤高を意味するわけではなく、祝勝歌とそれを必要とする社会の要請に応じたにすぎないとも考えられるが、神々への敬虔(けいけん)な態度は真実であろう。「神々と人の子の族は別物だ」と歌い、「人は幻影の夢。されど神の授け給う光がさすとき、人の生は心地よし」と呼びかけるとき、伝統的な人生観の反映とともにピンダロスの深い洞察が認められる。ステシコロス以来の合唱叙情詩は、彼によって最頂点に達したが、その時点で文学史から消えてしまう。[伊藤照夫]
『呉茂一訳『ギリシア抒情詩選』(岩波文庫) ▽久保正彰訳『世界名詩集大成1 オリュムピア祝捷歌集』(1960・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピンダロスの言及

【オード】より

…古くはホメロス叙事詩も抒情詩や劇作中に含まれている合唱詩なども,等しくこの名で呼ばれ,喜びの歌も哀愁の歌もその呼称に含まれている。文芸ジャンルの分類化が進んだ前4世紀には,主として弦楽器の伴奏で歌われるステシコロス,アルカイオス,サッフォー,アナクレオン,イビュコスなどの初期抒情詩人たちや,ピンダロス,バッキュリデスらの合唱抒情詩人たちの作品がこの名で呼ばれることが多い。いずれも複雑な律格形式を用いた旋舞歌対応形の詩形をもち,神話・伝説を主題とするもの,政治・酒宴を歌うもの,恋の苦しさ・自然の美しさを語るもの,また運動競技の勝利や神々の祝祭をたたえる歌などがあるが,主題に添って神の恩恵や人間の宿命,また生を享けた者すべての抱く深い願望や高遠な理想が語られる。…

【競技祝勝歌】より

…古代ギリシアの競技会,すなわち,オリュンピア,ピュティア,ネメア,イストミア競技での勝利者をたたえて作られた合唱隊用の歌。その作者としては,前6世紀末から前5世紀前半のピンダロス,シモニデス,バッキュリデスが名高い。なかでも,競技者の肉体の美と,詩的言語を操る詩人の矜持(きようじ)とを力強い構成に組み立て,読む者をこの地上から連れ去るピンダロスの歌は,ギリシアの言語感覚の一つの頂点を形づくるものである。…

【ギリシア文学】より

…オリュンピアの体育競技の祭典やデルフォイ,イストミア,ネメアなどでの同様の催しがにぎわいの頂点にあったのも前500年代のころであり,競技祭における神人一体の勝利の喜びを合唱歌として歌った詩人たちは数多い。中でもバッキュリデス,ピンダロスらの作品は,パピルス巻本や中世写本の形で数多く伝わっている。またこの時代の文学作品として墓碑詩が多く伝存することを忘れてはならない。…

【コロス】より

…伴奏楽器としては七絃の竪琴(たてごと)が用いられたと思われるが,合唱隊の人数は明らかではない。その後,合唱詩人がギリシア諸地に輩出し,形式も3連一組の複雑な形が一般化したが,詩的想像の雄渾(ゆうこん)にして華麗なることにかけてはピンダロスの右に出るものはない。前5世紀アテナイの悲劇・喜劇はそのような合唱芸術を母体として発展したといわれているが,現存する演劇作品の中でのコロスの役割は,テーバイの老人とかフェニキアの女たちとか,各々の劇構成が要求する劇中の一群ということになっている。…

【詩】より

…抒情詩を代表するのはアルカイオスと女流詩人サッフォー(ともに前7世紀)で,ついでアナクレオンが出るが,いずれも古くから伝わる独唱歌の様式を踏んでいる。他方,合唱歌の作者としてはシモニデス,ピンダロス(ともに前6世紀から前5世紀)があり,これは公式行事や祭儀で歌われた。前者は碑銘詩の作者としても知られ,後者はオード形式の範とされる。…

【バッキュリデス】より

…ケオス島の生れ。ほぼ同年齢のピンダロス,叔父で彼に音楽教育をしたシモニデスとともに抒情詩期のギリシア文学史の頂点を形成した。1896年エジプトで発見されたパピルスによって,彼の詩行も,かなりまとまった形で知られるようになった。…

※「ピンダロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピンダロスの関連キーワード合唱隊歌ギリシア悲劇ギリシャ語ギリシャ文字京都ギリシアローマ美術館ギリシア喜劇ギリシア科学近代ギリシア語《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone