コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスカス ダマスカス Damascus

翻訳|Damascus

5件 の用語解説(ダマスカスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスカス
ダマスカス
Damascus

シリアの首都で,シリア最大の都市。アラビア語ではディマシュク Dimashq。カーシューン山麓で,グータオアシスの間に位置する。住民の大部分はアラブ人,ほかにドゥルーズ人,クルド人などがいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダマスカス(Damascus)

シリア‐アラブ共和国の首都。シリア砂漠西端のオアシス都市で、古代から東西交通の要地。絹織物・金銀細工など伝統的な手工業が営まれる。現存する世界最古の都市の一で、661年~750年にはイスラム帝国ウマイヤ朝の首都として繁栄。通称オールドダマスカス呼ばれる城壁に囲まれた旧市街にはウマイヤドモスクサラディン廟があり、1979年「古都ダマスクス」として世界遺産文化遺産)に登録。2013年、国内騒乱による破壊などが理由で危機遺産に登録された。人口、行政区168万(2008)。アラビア語でディマシュクまたはシャームダマスクスダマスコ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダマスカス

シリアの首都。アンチレバノン山脈から流れるバラダー川の谷口部にあるオアシス都市。鉄道,道路など交通の要地で,国際空港もあり,政治・経済の中心。農業地帯の中心でもあり,果実,穀類を産する。
→関連項目シリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ダマスカス【Damascus】

シリア-アラブ共和国の首都。シリア砂漠西縁のオアシス都市。絹織物・金銀細工などの手工業が盛ん。世界最古の都市の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダマスカス
だますかす
Damascus

シリアの首都。アラビア語ではディマシュクDimashqまたはシャームal-Shmとよぶ。シリアの南西部、アンティ・レバノン山脈東麓(とうろく)のシリア高原上のバラダー川がつくった扇状地面に位置する。人口186万1900(2003推計)。標高約700メートル。気候は乾燥し(年降水量158.5ミリメートル)、夏は高温(7月の平均気温26.5℃)、冬は温暖(1月の平均気温5.8℃)である。
 バラダー川の扇状地はグータとよばれる大オアシスで、用水路が張り巡らされ、小麦、ブドウ、オリーブ、アンズ、野菜などの栽培が盛んであり、これらの農産物を集散するほか、絹織物、金銀細工、装飾品などの伝統的な手工業が営まれる。また近年は、食料品、繊維、化学などの近代工業もおこってきた。ヨルダンの首都アンマンと鉄道、道路で結ばれるほか、レバノンの首都ベイルート、イラクの首都バグダードとも道路が通じる国際的な陸上交通の要衝で、巨大なスーク(バザール)には、現地産・国産の工芸品のほか外国製品を扱う小売店が軒を並べ、活気がある。また、1969年にフランスの援助によって完成した国際空港がある。多くの史跡があり、スークのそばにある8世紀初期に建てられたウマイヤ・モスク、地下に設けられた聖ハナイア教会、あるいはパウロが吊籠(つりかご)に身を託して追っ手から逃れたという史跡に建つ聖パウロ教会などは有名である。国立博物館やダマスカス大学も所在する。市街はバラダー川の恵みを受け、樹木と庭園が多く、川を挟んで南には旧市街、北には新市街が広がる。背後にはカシオン山がそびえる。1979年には「古代都市ダマスカス」として世界遺産の文化遺産に登録されている(世界文化遺産)。[末尾至行]

歴史

現存する世界最古の都市の一つといわれ、古来、東西交通の要地として繁栄した。紀元前10世紀、アラム王国の首都であったが、その後アッシリア、セレウコス朝、ローマ、ビザンティン帝国の支配を受けた。ビザンティン時代はシリア州の首都であった。635年アラブ・イスラム軍によって征服され、正統カリフ時代はシリア州の総督府として、また軍事基地として存在した。661年ムアーウィヤ1世がウマイヤ朝の首都として以来、「ウマイヤ家のモスク」に象徴されるように、同朝の政治・文化的中心として繁栄した。アッバース朝が創建され一地方の州都となった。9世紀以来、同朝支配体制の弛緩(しかん)で、イフシード朝、ザンギー朝など多くの地方王朝の重要な拠点となった。1148年、十字軍の征服を免れたのち、エジプトからのアイユーブ朝の英主サラディンによる対十字軍戦略の基地の一つとなった。ザンギー朝時代から継続されていた各種学院の創設、商・工業の振興などにより13世紀中ごろに最盛期を迎えた。マムルーク朝時代、首都カイロに次ぐ第二の都市として繁栄を続けたが、1260年と1300年のモンゴル軍の侵入で荒廃した。1400年ティームール軍の徹底的破壊・略奪の結果、30年の間廃墟(はいきょ)と化していた。1516年オスマン帝国の一州都に編入されたのち、東西貿易の中継地として、またメッカ巡礼の集結地として脚光を浴び、かつての繁栄を取り戻した。第一次世界大戦後、オスマン帝国の支配を脱し、1918年、一時ファイサルの「アラブ王国」の首都となったが、20年からのフランスの委任統治を経て、1946年の独立後、シリアの首都となった。[花田宇秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダマスカスの関連キーワードシリア砂漠ディマシュクレバノンシリア・アラブ共和国埃及叙利亜ダマスクスシャームイエメン・アラブ共和国エジプト・アラブ共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダマスカスの関連情報