コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウフォリオン Euphoriōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウフォリオン
Euphoriōn

[生]前275
[没]前200頃
ギリシアの詩人。そのエピュリオン (小叙事詩) はのちローマの詩人ガルスによってラテン語に訳され,カツルス,ウェルギリウスらに多大の影響を与えたといわれる。現存するのは断片のみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エウフォリオン

エウボイア(エビア)島出身のギリシアの詩人,文法家。神話に取材した詩を多く書いたらしい。難解な詩句を用いたのでも有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エウフォリオン
えうふぉりおん
Euphorin

生没年不詳。古代ギリシアの詩人。エウボイアの出身。生年は紀元前275年ごろとされるが、疑問が多い。シリアのアンティオコス3世からアンティオキアの図書館長に招かれた。多作であったが、わずかな断片しか現存しない。いわゆるエピュリオン(小叙事詩)がほとんどで、トロヤ伝説や地方の歴史と伝承をテーマにし、意表をつく技巧と衒学(げんがく)的なことばが目だつ。影響はローマの古典期に及び、キケロをして「エウフォリオンの徒」と慨嘆させたほど多くの私淑者を生んだ。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエウフォリオンの言及

【アイスキュロス】より

…ギリシアの三大悲劇詩人の一人。アテナイの貴族の家柄のエウフォリオンEuphoriōnの子としてエレウシスで生まれる。僭主ヒッピアスの追放(前510),クレイステネスの民主的改革(前508か507)の時代に成人し,ペルシア戦争ではマラトン,サラミスなどの戦場に出征,その経験が作品に反映されている。…

※「エウフォリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エウフォリオンの関連キーワードアイスキュロス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android