エクスプロイトコード(読み)えくすぷろいとこーど(英語表記)exploit code

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクスプロイトコード
えくすぷろいとこーど
exploit code

ソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性やセキュリティホールをチェックするためにつくられたプログラムコードのこと。エクスプロイトともよばれる。
 本来はソフトウェアの弱点を検査するため使われる検証用のテストプログラムであり、セキュリティホールなどに対してどのような影響を与え、不正な動作が起きるのかを実証するために使われる。開発者は、その結果を受けて改善し、セキュリティの向上を図る。一方、エクスプロイトコードは悪用することで、システム攻撃などが簡単にできるため問題となっている。ハッカーなどによる悪意のある改変後は、破壊や増殖を行うウイルスやワーム(自己増殖する不正プログラム)となり、被害を出してしまうことも多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android