コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマンの吹送流 エクマンのすいそうりゅうEkamn drift current

海の事典の解説

エクマンの吹送流

洋上を吹く風の応力によって直接起こされる流れを、初めて理論的に求めたエクマン(V. W. Ekman)の名をとってエクマンの吹送流という。地球自転のため、表面流の方向は風向に対して45度右にずれる(北半球、南半球では逆)。深さと共に、 流れは大きさを減じながら右へ右へとずれていく(エクマン螺旋)。この流れによる正味の輸送(エクマン輸送)は風向に対して直角右方向である。海流の形成 にかかわるのは、吹送流自体よりは表層におけるその発散・収束である。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

エクマンの吹送流の関連キーワードエクマン層沿岸湧昇赤道湧昇摩擦深度

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android