コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクマンの吹送流 エクマンのすいそうりゅう Ekamn drift current

1件 の用語解説(エクマンの吹送流の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

エクマンの吹送流

洋上を吹く風の応力によって直接起こされる流れを、初めて理論的に求めたエクマン(V. W. Ekman)の名をとってエクマンの吹送流という。地球自転のため、表面流の方向は風向に対して45度右にずれる(北半球南半球では逆)。深さと共に、 流れは大きさを減じながら右へ右へとずれていく(エクマン螺旋)。この流れによる正味の輸送(エクマン輸送)は風向に対して直角右方向である。海流の形成 にかかわるのは、吹送流自体よりは表層におけるその発散・収束である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクマンの吹送流の関連キーワード海風膾を吹く熱を吹く喇叭を吹くカタバチック風粉を吹く空吹く風吹く風の強制対流ハートマンの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone