正味(読み)ショウミ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐み〔シヤウ‐〕【正味】

余分なものを取り除いた、物の本当の中身。「正味の少ない果物」
風袋を除いた、商品だけの目方。「正味1キログラム」
実質的な数量。「昼休みを除いて、正味8時間働いた」
掛け値のない値段。また、仕入れの値段。正味値段。「正味で売る」
表面に現れない、隠された本当のところ。
「―を言わねば事実談にならぬから」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうみ【正味】

外装など、余分な部分を取り去った、実際の役に立つ部分。また、風袋ふうたいの重さを差し引いた実際の中身の重さ。 「 -二〇〇グラム」
実際に意味のある、役に立つ部分。 「 -三時間働く」
掛け値なしの値段。また、原価。
本物。現物。正物。 「かんじんの-はそなたの殿御/浄瑠璃・井筒業平」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正味の関連情報