コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正味 ショウミ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐み〔シヤウ‐〕【正味】

余分なものを取り除いた、物の本当の中身。「正味の少ない果物」
風袋を除いた、商品だけの目方。「正味1キログラム」
実質的な数量。「昼休みを除いて、正味8時間働いた」
掛け値のない値段。また、仕入れの値段。正味値段。「正味で売る」
表面に現れない、隠された本当のところ。
「―を言わねば事実談にならぬから」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうみ【正味】

外装など、余分な部分を取り去った、実際の役に立つ部分。また、風袋ふうたいの重さを差し引いた実際の中身の重さ。 「 -二〇〇グラム」
実際に意味のある、役に立つ部分。 「 -三時間働く」
掛け値なしの値段。また、原価。
本物。現物。正物。 「かんじんの-はそなたの殿御/浄瑠璃・井筒業平」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正味の関連キーワード基礎的財政収支(プライマリーバランス)NCF(正味キャッシュフロー)ネッティング(Netting)ネット・サーキュレーションエクィティ Equity損害率(ロス・レシオ)正味現在価値(NPV)シンプソン則(石油)維持の正味エネルギープライマリーバランス生産の正味エネルギーコンバインド・レシオ富士火災海上保険生産のエネルギー正味収入保険料正味現在価値法正味支払保険金ネッティング平均有効圧力窒素出納指数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正味の関連情報