エクマン吹送流(読み)エクマンすいそうりゅう(英語表記)Ekman drift current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクマン吹送流
エクマンすいそうりゅう
Ekman drift current

風が海水を引きずって起こす海流を吹送流というが,1902年スウェーデンの海洋学者 V. W.エクマンは,この運動には地球自転の転向力 (コリオリの力) が働いており,北半球では風向に対して表面海流は 45°右 (南半球では 45°左) にずれ,風向とのずれは下層に向かってさらに大きくなる,という理論を立てた。 19世紀末 F.ナンセンの『フラム』号による北極探検の際,氷は風向と異なる方向に流されるという発見にヒントを得たものである。流向が風向と逆になる深さ (摩擦影響深度) は粘性係数と緯度によって変わるが,数十~100m程度である。この深さでは流速は表面流の4~5%になる。深くなるにつれて流向はずれながら流速が小さくなる。これをエクマンらせん (エクマンスパイラル) という。また,海面からの流れを深さ方向に加えていくと,風の方向への海水の輸送はゼロとなり,北半球では風の吹き去る向きに右 (南半球では左) 直角に海水が輸送される。これをエクマン輸送と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android