コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコロジカル・マーケティング ecological marketing

ブランド用語集の解説

エコロジカル・マーケティング

エコロジカル・マーケティングとはグリーンマーケティングのこと。グリーン・マーケティングの項参照。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

知恵蔵の解説

エコロジカル・マーケティング

人間を含む生物と自然環境との、良好で永続的な関係の構築を目指す企業非営利組織による、マーケティング活動。環境にやさしい製品・サービス・アイデア(発想)の開発や普及が、活動の中心。環境への負荷を減らすためには、4R、すなわち、refuse(断る)、reduce(減量する)、reuse(再使用する)、recycle(再生使用する)が重要で、それらを容易にするような製品の製造及び販売が企業に求められている。法的には循環型社会基本法(2000年6月施行)をもとに容器包装リサイクル法資源有効利用促進法グリーン購入法などの個別リサイクル法が整備されつつある。また、環境への負荷が少ない製品やサービスの優先的購入を進める消費者・企業・行政の全国ネットワークとして、グリーン購入ネットワークがある。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

流通用語辞典の解説

エコロジカル・マーケティング【ecological marketing】

マーケティング活動に生態学の視点を導入した手法で、企業のマーケティング活動が、自然環境や社会環境と調和し、均衡を保たなければならないとする考え方。社会に対して、マイナスになるような部分を排除し、有害物質など、悪影響を与えるような商品開発をせず、廃棄物のリサイクリング・システムを製品化の段階から組み込んでおく、といった考え方である。エコロジカル・マーケティングは、企業のみでなく、非常利団体、地方自治体の活動、市民運動にも導入されるようになっている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

エコロジカル・マーケティングの関連キーワードエコ・マーケティングパッケージング

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android