コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスパー エスパーesper

3件 の用語解説(エスパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エスパー(esper)

extrasensory perception(超能力)の頭文字ESPに、行為者を表す英語の接尾辞erを付けたもの》人間の知覚以外の力、テレパシー・テレキネシス・テレポーテーションなど、常人にはない力をもつ人間。超能力者。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エスパー【esper】

読心,透視,予知などESP(超感覚的知覚)を持つ人間を指すSF用語。さらに念力や空間転位teleportationなどを含めた,いわゆる超能力の保有者をも意味する。ただし単なる通常人の特異能力としてだけでなく,ステープルドンO.Stapledonの《オッド・ジョン》(1934)のように,突然変異により誕生した新人類に結びつけて扱われる場合が多い。【柴野 拓美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エスパー

esper〕
〔 ESP をもつ者の意〕
超能力者。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

エスパーの関連キーワードESP

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エスパーの関連情報