新人類(読み)しんじんるい(英語表記)Neoanthropic man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「新人類」の解説

新人類
しんじんるい
Neoanthropic man

原人類旧人類などと対比されて用いられる言葉で,現生人類と同じ人類,すなわちホモ・サピエンス・サピエンス Homo sapiens sapiensのこと。新人類は,3万~4万年前の最終氷期に旧人類から進化して,後期旧石器文化を生み出し,その後文化的に進展して現在にいたったと考えられる。その間身体的特徴に大きな変化はみられない。しかし,クロマニヨン人グリマルディ人上洞人,オーベルカッセル人,シャンスラード人などのように化石として発見される後期旧石器時代の新人類 (化石現生人類) は,現在の新人類と比べて,一般に骨ががんじょうで,咀嚼器官も発達していた。その頃から,現在みられるような人種の分化も起っていたと考えられる。 (→化石人類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「新人類」の解説

しん‐じんるい【新人類】

従来にはなかった価値感や感じ方をもつ若い世代を、新しい人類になぞらえていった。主に、共通一次試験実施以降に大学生となった、大学紛争を知らない若者達を指していったもので、一九八〇年代半ば頃に流行語となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新人類」の解説

しん‐じんるい【新人類】

従来なかった考え方や感じ方をする若い世代を、新しく現れた人類とみなしていう語。昭和60年ごろから広まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新人類の言及

【新人】より

…人類進化の最終段階の人類をさす新人類neanthropic manの略称。現生人類modern manともいう。…

※「新人類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android