エドマン分解(読み)エドマンぶんかい(英語表記)Edman degradation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドマン分解
エドマンぶんかい
Edman degradation

ペプチド,蛋白質の一次構造決定に用いられる反応。フェニルイソチオシアネートを反応させ,アミノ末端アミノ酸をチオヒダントイン誘導体として同定する。この反応を順次繰返してアミノ基側からの配列順序を決定することができる。 (→カルボキシペプチダーゼ法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エドマン分解

 エドマン分解法ともいう.フェニルイソチオシアネートを用いてタンパク質ペプチド鎖N末端のアミノ酸を同定する方法.一段階の反応が終わると,N末端のアミノ酸のみが除去されたペプチド鎖が回収されるので,連続的に順次N末端が決定でき,N末端部分のタンパク質の一次構造を知ることができる.自動化された装置が開発されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android