エドマン分解(読み)エドマンぶんかい(英語表記)Edman degradation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドマン分解
エドマンぶんかい
Edman degradation

ペプチド,蛋白質の一次構造決定に用いられる反応。フェニルイソチオシアネートを反応させ,アミノ末端アミノ酸チオヒダントイン誘導体として同定する。この反応を順次繰返してアミノ基側からの配列順序を決定することができる。 (→カルボキシペプチダーゼ法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エドマン分解

 エドマン分解法ともいう.フェニルイソチオシアネートを用いてタンパク質ペプチド鎖N末端のアミノ酸を同定する方法.一段階の反応が終わると,N末端のアミノ酸のみが除去されたペプチド鎖が回収されるので,連続的に順次N末端が決定でき,N末端部分のタンパク質の一次構造を知ることができる.自動化された装置が開発されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

エドマン分解
エドマンブンカイ
Edman degradation

タンパク質およびペプチドをN末端から順次分解する反応で,アミノ酸配列を決定するためにもっとも一般的に用いられる.フェニルイソチオシアナートをN末端でカップリングさせてフェニルチオカルバモイル誘導体とし,これを酸で処理することによりチオヒダントインの形で末端アミノ酸部分を切断する.生成するチオヒダントイン誘導体はクロマトグラム上で標準試料と対照させることにより同定できるので,由来するアミノ酸も判明する.分解のたびに生成するN末端アミノ酸を順番に並べて,アミノ酸配列とすることができる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android