一次構造(読み)いちじこうぞう(英語表記)primary structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一次構造
いちじこうぞう
primary structure

蛋白質の構成アミノ酸の配列順序を一次構造と呼び,こうしてアミノ酸がつながって生じたポリペプチド鎖が曲折して,さらに立体的な構造をとるのを高次構造と呼ぶのと区別する。アミノ酸は,遺伝子中のコドンの配列により,その並び順が直線的 (一次元的) に決定されるが,生じてきた同一ポリペプチド鎖上で,離れた位置にある2個のシステインは,その-SH基を介して-S-S-結合を形成することがあり,これも一次構造に含めて考えるから,「一次」は必ずしも一次元的という意味ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android