コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー工学 エネルギーこうがく energy engineering

1件 の用語解説(エネルギー工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー工学
エネルギーこうがく
energy engineering

エネルギーの開発,利用に関する工学分野の総称。エネルギーの資源,蓄積,輸送,変換,材料を社会性・経済性を加味した視点から体系化する一連の作業が行われている。エネルギー資源としては化石エネルギー (石油,石炭,天然ガスなど) ,自然エネルギー (太陽,風力,水力,地熱,波力など) ,核エネルギー (核分裂,核融合など) があり,それぞれ適したシステムの設計・開発が行われ,さらに領域化された工学分野を形成している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エネルギー工学の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー二次エネルギー省エネルギー法非化石エネルギー法世界エネルギーアウトルックエネルギー総合工学研究所エネルギー学食品-栄養素の利用エネルギー値

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エネルギー工学の関連情報