エピスコパリアン派(読み)エピスコパリアンハ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピスコパリアン派
えぴすこぱりあんは
Episcopalian

主教episcopus制をとる教会、とくにイングランド教会The Anglican Churchを母体とする世界中の教会の総称。日本では聖公会と称する。16世紀宗教改革の時代に、その影響を受けるとともに、当時のイギリス王ヘンリー8世のもとでローマ・カトリック教会から分かれ、国王を首長とするイングランド教会となった。聖書の英訳(欽定(きんてい)訳)、『祈祷(きとう)書』による礼拝の重視、『39箇条』による信仰的立場と主教制により、ローマ・カトリック教会とプロテスタント諸教会の中間に位置する。[徳善義和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android