コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピスコパリアン派 エピスコパリアンハ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピスコパリアン派
えぴすこぱりあんは
Episcopalian

主教episcopus制をとる教会、とくにイングランド教会The Anglican Churchを母体とする世界中の教会の総称。日本では聖公会と称する。16世紀宗教改革の時代に、その影響を受けるとともに、当時のイギリス王ヘンリー8世のもとでローマ・カトリック教会から分かれ、国王を首長とするイングランド教会となった。聖書の英訳(欽定(きんてい)訳)、『祈祷(きとう)書』による礼拝の重視、『39箇条』による信仰的立場と主教制により、ローマ・カトリック教会とプロテスタント諸教会の中間に位置する。[徳善義和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エピスコパリアン派の関連キーワードプロテスタント教会ルーテル派教会メソジスト教会ランベス会議

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android