コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピタキシャル成長 エピタキシャルセイチョウ

2件 の用語解説(エピタキシャル成長の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エピタキシャル‐せいちょう〔‐セイチヤウ〕【エピタキシャル成長】

epitaxial growth》基板となる結晶の上に、新しく結晶を成長させること。集積回路製作のために用いられる。エピタキシャル結晶成長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

エピタキシャル成長

一つの鉱物相が光学的に連続した方位で他の鉱物の上に成長することで,二種類の鉱物の間の結晶構造的な類似性による.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピタキシャル成長の関連キーワードEGFEGFRHB-EGFdisharmonic growthgrowth cabinetgrowth chambergrowth formulagrowth movementsocial growthparallel growth

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone