コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピタキシャル成長 エピタキシャルセイチョウ

デジタル大辞泉の解説

エピタキシャル‐せいちょう〔‐セイチヤウ〕【エピタキシャル成長】

epitaxial growth》基板となる結晶の上に、新しく結晶を成長させること。集積回路製作のために用いられる。エピタキシャル結晶成長

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

エピタキシャル成長

一つの鉱物相が光学的に連続した方位で他の鉱物の上に成長することで,二種類の鉱物の間の結晶構造的な類似性による.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

エピタキシャル成長の関連キーワードIIIモノリシック集積回路エピタキシャル技術分子線エピタキシー双極型集積回路アルフェロフ磁気バブル気相成長SOS

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android