エフラエム(英語表記)Ephraem Syrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフラエム
Ephraem Syrus

[生]306頃.メソポタミアニシビス
[没]373.6.9. エデッサ
シリア教会の神学者説教家,著述家,教会博士,聖人。生地およびエデッサでキリスト教会助祭をし,多くの聖書注解,説教,賛美歌をシリア語で書いた。その多くはシリア教会の典礼に取入れられ,マニ,マルキオン,バルダイサンらに対する論駁を含む著作はコプト語アルメニア語ギリシア語ラテン語に訳されてキリスト教東方帰一教会に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android