コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助祭 じょさいdiaconus; deacon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助祭
じょさい
diaconus; deacon

カトリック教会用語。ギリシア正教会では輔祭,多くのプロテスタント教会では執事という。現在では司祭に次ぐ教会の職とされている。原語のギリシア語 diakonosは食卓などの給仕の意。使徒に代って食事の分配をするため選ばれて按手を受けたステパノら7名 (使徒行伝6章) が教会でのディアコノスの初めとされ,ほかに女性を含む多くのディアコノスが知られている。のち教会制度の発達分化につれて,祭式において司祭を助け,特に教会財産の管理を担当するようになったが,濫用などのためその権利が制限され,現在では司祭叙階のための一過程にすぎなくなった。しかし司祭数の不足などもあって,第2バチカン公会議 (1962~65) 以来その重要性が再認識され,再び独立の教職として発展する方向にある。特に既婚男子と女性助祭の復活が期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょ‐さい【助祭】

カトリック教会の聖職者の位の一。司祭の次の位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょさい【助祭 deacon】

新約聖書のギリシア語ディアコノスdiakonos(執事)に由来するカトリック教会職名東方正教会での輔祭に相当する。2世紀初頭,アンティオキアのイグナティオスのころから,司祭と区別された司教を通して神の民に奉仕する教会の職制として確立。司教の按手によって行われる助祭叙階式の最古の式文は,ヒッポリュトスの《使徒伝承》に見られる。その職域は,典礼における奉仕を中心として教会共同体全体,特に福祉的活動に向けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょさい【助祭】

ローマ-カトリック教会における聖職位の一。ミサの際などに司祭を補助する者。 → 執事

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の助祭の言及

【執事】より

…キリスト教会の一職務。カトリック教会では助祭,正教会では輔祭。これらの教会と聖公会,ルター派では,司祭もしくは牧師に次ぐ聖職者の職務。…

【聖職者】より

…聖職者の起源は必ずしも明らかでなく,またユダヤ教の祭司の権威と職能がどこまでキリスト教に受け継がれたかについても議論がある。すでに新約聖書のなかに監督(エピスコポス),長老(プレスビュテロス),執事(ディアコノス)の名称が見えているが,2世紀はじめのイグナティオスの書簡によれば,この3者がはっきり区別され,主教司祭助祭の3聖職の原型が成立していたと考えられる。このうち主教は教区の統轄者,司祭はミサ(聖餐式)を中心とする祭儀の執行者,助祭は主教および司祭の補助者である。…

※「助祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

助祭の関連キーワードウィンケンティウス[サラゴサの]ドミニクス・グンディサリヌスフェリクス4世(3世)レオン・ディアコノスギヨーム[オクセル]グレゴリウス[1世]ベネディクツス6世ボニファチウス6世ボニファチウス2世ボニファチウス1世ボニファチウス3世グレゴリウス7世グレゴリウス2世ラウレンティウスアレクサンドロスディアコニコンラウレンチウスアガペツス1世フェリクス2世ミサソレムニス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助祭の関連情報