エマヌエル カザケーヴィチ(英語表記)Emmanuil Genrikhovich Kazakevich

20世紀西洋人名事典の解説

エマヌエル カザケーヴィチ
Emmanuil Genrikhovich Kazakevich


1913.2 - 1963.9.22
ソ連の作家。
ソ連(ウクライナ・ポルタワ県)生まれ。
ポルタワの教師の家庭に生まれる。ハリコフの機械技術専門学校を卒業後、8年間極東で建設現場長やコルホーズ議長などに従事しながら、詩を発表。1938年モスクワに戻り、’41年独ソ開戦と同時に義勇兵として参加。モスクワ防衛戦、ベルリン攻撃などで軍功をあげる。処女作「星」(’47年)をはじめ、「草原の二人」(’48年)、「オーデルの春」(’49年)、「友の心」(’53年)など、軍隊生活の体験を基にしている。’56年発表の「広場の家」はソ連の政策を批判的に書いて、スターリン批判文学の先駆となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android