コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマール エマールAimard, Gustave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマール
Aimard, Gustave

[生]1818.9.13. パリ
[没]1883.6.20. パリ
フランスの冒険小説作家。本名 Olivier Gloux。 12歳から船員として各地を旅行。その経験に空想を加えて多くの冒険小説を書いた。主著『メキシコの夜』 La Nuit mexicaines (1864) ,『原生林』 La Forêt vierge (70) ,『アリゾナの山賊』 Les Bandits de l'Arizona (82) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エマール(Emaar)

アラブ首長国連邦ドバイの政府系不動産開発会社。ナキールとともに中東最大級の規模をもち、超高層ビル、大型複合商業施設、娯楽施設、リゾートなどの建設・開発を行う。2010年完成時に世界一高い超高層ビルとなった、ブルジュハリファ(828メートル)を建設したことで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

エマール

花王が製造、販売する洗濯用液体合成洗剤の商品名。蛍光剤、漂白剤無配合で液性は中性。おしゃれ着用。ハッピーフローラルの香リ、リフレッシュグリーンの香リなどの種類がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

エマールの関連キーワードドバイマリーナ岩井ジョニ男ドバイモール加藤直美山本誉子依吹怜花王

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エマールの関連情報