花王(読み)かおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花王
かおう

石鹸・洗剤のトップメーカー。 1887年創業の長瀬富郎商店が前身で,1925年花王石鹸株式会社長瀬商会 (1946年花王と改称) に改組。 35年同系の大日本油脂を分離設立。 40年さらに鉄興社と共同出資して日本有機を設立し,49年花王石鹸と改称,同年大日本油脂は花王を合併して花王油脂と改称,54年花王石鹸は花王油脂を合併,85年現社名に変更。 86年花王化学を吸収合併,88年アメリカのアンドリュー・ジャーゲンズ・カンパニーを買収,89年西ドイツのゴールドウェル・アーゲーを買収。月のマークで知られ,日本のマーケティングの草分け的存在で,昭和 30年代以後の電気洗濯機の普及とともに合成洗剤メーカーとして発展,ライオンと並んでトップメーカーの位置を占める。化粧品部門も好調な伸びをみせる。また「花王製品販売会社」の各地設立で販売体制を強化している。海外進出も積極的に展開するほか,外国企業とも提携を結び,合弁会社を多数もつ。売上構成比は,パーソナルケア 37%,ハウスホールド 38%,サニタリー 13%,油脂製品4%,化成品8%。年間売上高 9245億 9500万円 (連結。うち輸出3%) ,資本金 838億 8700万円,従業員数 6754名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

花王

正式社名「花王株式会社」。英文社名「Kao Corporation」。化学工業。明治40年(1907)前身の「長瀬富郎商店」創業。昭和15年(1940)「日本有機株式会社」設立。同24年(1949)「花王石鹸株式会社」に改称。同60年(1985)現在の社名に変更。本社は東京都中央区日本橋茅場町。日用品・化粧品会社。洗剤など家庭用品の最大手。食用油「エコナ」や飲料「ヘルシア」など健康食品も手がける。カネボウ化粧品を子会社化し化粧品でも高いシェア。東京証券取引所第1部上場。証券コード4452。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花王 (ハナノオウ)

植物。バラ科サクラ属の落葉高木の総称。サクラの別称

花王 (ハナノオウ・カオウ)

植物。ボタン科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ボタンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐おう クヮワウ【花王】

〘名〙 花の中で最もすぐれたもの。特に、牡丹(ぼたん)をいう。
中華若木詩抄(1520頃)中「本体の花王と云は、牡丹也。小花王と云は、芙蓉也」
俳諧増山の井(1663)四月「ふかみ草〈略〉牡丹 冨貴草 花王」 〔洛陽名園記〕
[補注]「書言字考節用集‐六」の「桜」の項に、「桜 サクラ 支那以牡丹花ノ王。日本以桜為花ノ王」とあるように、日本では桜をいうこともある。

け‐おう ‥ワウ【花王】

〘名〙 (「け」は「花」の呉音) 仏語。仏または仏土の異称。〔仏地経論‐二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の花王の言及

【ボタン(牡丹)】より

…遅咲品種に金帝(きんてい)(レエスペランスともいう,黄一重),金晃(きんこう)(アリス・ハーディングともいう,黄万重)などがある。【萩屋 薫】
【牡丹と文化】

[中国]
 牡丹は,中国を代表する花として,花王,花神,富貴花など多くの別称をもつ。宋代の洛陽では花といえば牡丹をさした。…

※「花王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花王の関連情報