エミール アルティン(英語表記)Emil Artin

20世紀西洋人名事典の解説


1898.3.3 - 1962.12.20
ドイツの数学者。
元・ハンブルク大学教授。
オーストリア出身。
1921年ライプチヒ大学で学位取得、’29年からハンブルグ大学教授となるがナチに追われて’37年渡米、プリンストン大学教授をとなるが’58年帰国、再びハンブルグ大学で教える。抽象数学の先駆者の一人で、数論、トポロジーの分野に貢献、数論では「一般相互法則」を証明して高木貞治の「数体論」を完成、トポロジーでは「結び理論」を創始。’55年代数的数論の国際会議参加のため来日、結び糸についての一般講演を行う。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android