コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミーン Emin, Fëdor Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エミーン
Emin, Fëdor Aleksandrovich

[生]1735
[没]1770
ロシアの作家。風刺雑誌『アドスカヤ・ポチタ』 Adskaya pochta (1769) を発行。イギリスやフランスの感情主義文学の影響を受けている。ルソーの『新エロイーズ』を模倣した小説『エルネストとドラブラの手紙』 Pic'ma Ernesta i Doravry (66) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のエミーンの言及

【エジプト】より

…エジプトはオスマン帝国の一属州とされ,その統治はオスマン軍の行動を積極的に支援したマムルーク出身のアミール,ハーイル・ベイKhā’ir Bay(?‐1522)にゆだねられた。征服後,マムルーク朝時代のイクターは一度国家に没収され,検地の後,改めてオスマン朝の財務官であるエミーンemīnに分与された。この土地をムカーターmuqāṭa‘といい,ムカーター内の土地で徴税の実務を担当したのは旧来通りのマムルークたちであった。…

※「エミーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エミーンの関連キーワード市川団十郎雍正帝古月軒ケイズルケイズル河原崎座乾隆帝雍正帝ダニーロ乾隆帝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android