コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミー・フォン・N エミーフォンエヌ Emmy von N.

1件 の用語解説(エミー・フォン・Nの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エミーフォンエヌ【エミー・フォン・N Emmy von N.】

S.フロイトによって,《ヒステリー研究》(1895)中で報告された症例の一つ。エミーは,中部ドイツ出身の40歳になる未亡人であったが,ときおり襲う譫妄(せんもう)状態と夢遊状態,四肢の疼痛や知覚脱失,どもりや舌打ち,蟇(がま)恐怖と雷恐怖などの症状に悩んでいた。フロイトは彼女に対して,友人のJ.ブロイアーアンナ・Oに行ったと同じ催眠浄化法による治療を行った。約7週間の治療の後,症状は消失したが,やはりヒステリーだった娘の病状を軽視したフロイトに反感を抱いたのを契機に,エミーの症状は再び悪化してしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エミー・フォン・Nの関連キーワード新フロイト派ヒステリーヒステリシスミステリーヒステリックヒステリカル黒い金魚アロステリック阻害ヒスロパイトヒステロジェナイト,ヒステロモルファス