コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムルシン emulsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムルシン
emulsin

普通はアーモンドやアンズの種子の胚乳中に含まれる数種の配糖体分解酵素の混合物をいう。種々のグリコシダーゼを含むが,特に強い活性を示すのはβ-グルコシダーゼとβ-ガラクトシダーゼである。種子から得た乳濁液 (エマルジョン) にこの酵素活性があることから,古く J.リービヒによって命名された (1837) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

エムルシン

 苦味アーモンド種子中のグリコシダーゼの混合物で,β-ガラクトシダーゼ,β-キシロダーゼ,β-アラビノシダーゼなどを含む.アミグダリンを加水分解してグルコース,シアン化水素,ベンズアルデヒドにする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

エムルシンの関連キーワードバニラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android