コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムルシン emulsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムルシン
emulsin

普通はアーモンドやアンズの種子の胚乳中に含まれる数種の配糖体分解酵素の混合物をいう。種々のグリコシダーゼを含むが,特に強い活性を示すのはβ-グルコシダーゼとβ-ガラクトシダーゼである。種子から得た乳濁液 (エマルジョン) にこの酵素活性があることから,古く J.リービヒによって命名された (1837) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

エムルシン

 苦味アーモンド種子中のグリコシダーゼの混合物で,β-ガラクトシダーゼ,β-キシロダーゼ,β-アラビノシダーゼなどを含む.アミグダリンを加水分解してグルコース,シアン化水素,ベンズアルデヒドにする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

エムルシンの関連キーワードバニラ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android