コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラン・ビタール élan vital

翻訳|élan vital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラン・ビタール
élan vital

「生命の飛躍」の意。『創造的進化』に用いられたベルグソンの自然哲学の主要概念であり,「精神的エネルギー」の語も同義。 1824年 S.カルノーが発見したエネルギー散逸法則に注目した彼は,この法則から自然が平衡状態への傾向をもち,平衡に達するとエネルギーの源泉が涸れることを看取し,エネルギーの源泉を問うて全存在の根底に生命力としてのエラン・ビタールをおいた。エネルギーは散逸する以前に創造力であり,エランは上向して精神へ向う創造力となり,生命が下向しエランを失うと物質に向う。そこに機械的自然観で失われていた,アリストテレス以来の無機物-植物-動物-精神存在の位階が,エラン・ビタールを一元的原理として復活された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エラン・ビタールの関連キーワードベルクソン哲学の基本概念非合理主義第三共和政生の哲学定向進化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android