コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリクトニオス エリクトニオスErichthonios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリクトニオス
Erichthonios

ギリシア神話のアテネの伝説的王。アテナに欲情し,凌辱しようとしたヘファイストスの精液が彼女の脚に流れたのを女神が羊毛でふき取って捨てたところ,それによって大地が懐妊し生れた子で,上半身は人間,下半身はへびの形をしていた。アテナはこの子をふたをした籠に入れ,当時アテネを支配していたケクロプス王の3人の娘たちに,中を見ることを禁じて預けた。しかし彼女たちは好奇心を押えられずに籠を開けて中の奇怪な嬰児を見てしまい,驚愕のあまり発狂してアクロポリスの断崖から身を投げて死んだ。アテナに育てられたエリクトニオスは,成人するとケクロプスに譲位されてアテネの王になり,ニンフのプラクシテアと結婚して息子パンディオンをもうけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エリクトニオス

ギリシア伝説上のアテナイ王。ヘファイストスの子。アテナの庇護を受け女神の祭礼を厚くし,パンアテナイア祭を始めた。
→関連項目エレクテウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エリクトニオスの関連キーワードぎょしゃ座(馭者座)ぎょしゃ(馭者)座ボレアス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android