コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルショフ エルショフErshov, Pëtr Pavlovich

1件 の用語解説(エルショフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルショフ
エルショフ
Ershov, Pëtr Pavlovich

[生]1815.3.6. イシム,ベズルコボ
[没]1869.8.30. トボリスク
ロシアの作家。ペテルブルグ大学を卒業後,教師,視学官を経て,トボリスク中学の校長となった。大学在学中に書いた童話詩『せむしの子馬』が代表作。これは 1934年に断章が発表されたが,皇帝,貴族,役人を戯画化しているために検閲を通過せず,56年になって完全な形で刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エルショフの関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇日本海および海底地名の変更要求教科支援エキスパートLGBTとカミングアウト浅田宗伯朝夷巡島記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルショフの関連情報