コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せむしの子馬 せむしのこうまKonëk-Gorbunok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

せむしの子馬
せむしのこうま
Konëk-Gorbunok

ロシアの作家 P.エルショフ童話詩。 1834年,作者がペテルブルグ大学在学中に断章を発表,56年に完全な形で刊行された。百姓の子イワンは畑を荒す馬をつかまえ,逃がしてやるが,代りにせむしの子馬をもらう。この子馬が活躍してイワンを助け,皇帝の課した難題を解き,イワンはめでたく王女と結婚する。フォークロア的題材をもつこの童話は,皇帝,役人らを鋭く風刺し,主人公に民衆の知恵と力を代表させている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

せむしの子馬
せむしのこうま
Конёк горбунок Konyok gorbunok 

ロシアの詩人エルショーフが民話をもとに詩形式で書いた物語。1834年発表、56年に完全版を刊行。みんなからばか者扱いされている農夫の末息子イワンが、誠実な勇気ある行動によって魔法のせむしの子馬を手に入れたあと、欲深な王に次々と難題を吹きかけられるが、せむしの子馬の助けで、火の鳥をつかまえたり海の姫を連れてきたりして、最後に幸福をつかむ。プーシキンに絶賛され、旧ソ連だけでなく世界中の子供に広く読まれている。長編漫画映画もあり、バレエ化もされている。[内田莉莎子]
『田中かな子訳『せむしのこうま』(1984・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

せむしの子馬の関連キーワードサン=レオンワシリエフ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android