エルスカンプ(英語表記)Elskamp, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルスカンプ
Elskamp, Max

[生]1862.5.5. アントウェルペン
[没]1931.12.10. アントウェルペン
ベルギーの詩人。フランス語で書く。その名は現代ベルギーの文芸復興と象徴詩運動に結びついている。徹底した素朴さで貧しい人々の生活を歌い,祈りや哀歌の調子を帯び,古い聖画像を思わせる『主の祈り』 Dominical (1892) ,『天使祝詞』 Salutations (1893) ,『写本の装飾家』 Enluminures (1898) などがある。最後の作品『憂鬱な歓喜』 Délectations moroses (1923) ,『病的夢想』 Aegri somnia (1924) は,極東の思想と芸術からくみ取った異国情緒を通して,現代世界における人間の哲学を静かに唱えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android