エルトールコレラ(英語表記)El Tor cholera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エルトールコレラ」の解説

エルトールコレラ
El Tor cholera

コレラには病原菌の違う2種がある。アジアコレラとエルトールコレラで,後者は 1906年にエジプトのトール検疫所で巡礼から検出された。初めセレベス島の一地区に発生が限られていたが,次第に西方流行が広がり,アジアコレラをほとんど遂してしまったので,62年の WHO総会で国際検疫伝染病として扱うことが決められた。日本で発見されるコレラはほとんどがこのエルトールコレラである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android