コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルムズリー Peter Elmsley

世界大百科事典 第2版の解説

エルムズリー【Peter Elmsley】

1773‐1825
イギリスの古代ギリシア文学研究者。オックスフォード大学古代史教授。フィレンツェのメディチ家図書館収蔵のソフォクレスのL写本(10世紀)を校合したり,ナポリ博物館収蔵のヘルクラネウム・パピルスを調査するなど,19世紀の古文書学やパピルス学を先駆ける一歩を画しているが,主たる貢献は古代ギリシアの悲劇・喜劇作品の校訂と注釈に認められる。18世紀末のイギリスの碩学R.ポーソンが確立した韻律学の基礎と本文批評の原則に従って,エルムズリーは,古代劇詩人たちの措辞・語法の究明と,文意釈義の領域で大きな足跡を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エルムズリーの関連キーワード西洋古典学ポーソン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android