エロチコイ(英語表記)erōtikoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エロチコイ」の解説

エロチコイ
erōtikoi

2~4世紀のギリシアの恋愛小説作家の総称。おもな作品は,カリトンの『カイレアスとカリロエ物語』,ロンゴスの『ダフニスとクロエ物語』。カリトンのものは一種の歴史小説,ロンゴスのものは牧歌的という個性はあるが,いずれも恋愛冒険物語で,たいてい舞台は広くヘレニズム世界の各地に移動し,海賊,戦争,恋がたきなどの道具立てを用いる。ホメロス叙事詩ヘロドトスクセノフォンの歴史書,エウリピデスメナンドロスの戯曲,テオクリトスの牧歌など,過去のさまざまな文学の影響がみられ,文体は当時流行の修辞学を反映している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android