エンウェル・パシャ(英語表記)Enver Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

エンウェル・パシャ【Enver Paşa】

1881‐1922
オスマン帝国末期の軍人,政治家。イスタンブールに生まれる。陸軍士官学校・陸軍大学卒。1903年マケドニアの第3軍配属,対ゲリラ作戦に従事し,統一と進歩委員会に加入した。08年蜂起してマケドニア山岳地帯に潜入し,青年トルコ革命を指導,憲法復活後イスタンブールに入ったが,要職に就けずベルリン駐在武官となった。09年イスタンブールの反乱が起こるや,帰国し鎮圧軍参謀長となり,11年リビア戦争,12‐13年バルカン戦争に従軍し,その戦功により国民的英雄となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android