コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンウェル・パシャ Enver Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

エンウェル・パシャ【Enver Paşa】

1881‐1922
オスマン帝国末期の軍人政治家。イスタンブールに生まれる。陸軍士官学校・陸軍大学卒。1903年マケドニアの第3軍配属,対ゲリラ作戦に従事し,統一と進歩委員会に加入した。08年蜂起してマケドニア山岳地帯に潜入し,青年トルコ革命を指導,憲法復活後イスタンブールに入ったが,要職に就けずベルリン駐在武官となった。09年イスタンブールの反乱が起こるや,帰国し鎮圧軍参謀長となり,11年リビア戦争,12‐13年バルカン戦争に従軍し,その戦功により国民的英雄となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エンウェル・パシャの関連キーワードアブデュルハミト[2世]青年トルコ革命

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android