コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンウェル・パシャ Enver Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

エンウェル・パシャ【Enver Paşa】

1881‐1922
オスマン帝国末期の軍人,政治家。イスタンブール生まれる。陸軍士官学校・陸軍大学卒。1903年マケドニアの第3軍配属,対ゲリラ作戦に従事し,統一と進歩委員会に加入した。08年蜂起してマケドニア山岳地帯に潜入し,青年トルコ革命を指導,憲法復活後イスタンブールに入ったが,要職に就けずベルリン駐在武官となった。09年イスタンブールの反乱が起こるや,帰国し鎮圧軍参謀長となり,11年リビア戦争,12‐13年バルカン戦争に従軍し,その戦功により国民的英雄となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンウェル・パシャの関連キーワードブラジル文学ルーマニア文学アレクサンドルアレクサンドル宮嶋資夫宗谷本線日本共産党日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルク

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone