エンガノ島(読み)エンガノトウ

デジタル大辞泉の解説

エンガノ‐とう〔‐タウ〕【エンガノ島】

Pulau Engano》インドネシア西部、スマトラ島南東部の西岸沖合に浮かぶ島。熱帯雨林に覆われ、サンゴ礁に囲まれる。先住民のエンガノ人が多く居住し、母系社会を維持している。かつて高床式の鳥の巣のような家屋が使われていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンガノ島
えんがのとう
Pulau Engano

インドネシア、スマトラ島南東部の西岸沖合い120キロメートルのインド洋上にある島。面積435平方キロメートル、人口約500。南西モンスーンの影響で雨に恵まれ、全島密林に覆われる丘陵性の島で、その最高点は281メートルである。開発は交通不便なため後れている。住民はプロト・マレー系のエンガノ人が主で、特異な母系制社会と裸体生活の慣習をもつ。産物はコプラ。集落は西のバルハウ、南東のカユアプ、南西のカブウェがあるにすぎない。この島名はポルトガル人が命名したもので、ポルトガル語で「失望」の意である。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android