コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンガノ島 エンガノトウ

2件 の用語解説(エンガノ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エンガノ‐とう〔‐タウ〕【エンガノ島】

Pulau Enganoインドネシア西部、スマトラ島南東部の西岸沖合に浮かぶ島。熱帯雨林に覆われ、サンゴ礁に囲まれる。先住民のエンガノ人が多く居住し、母系社会を維持している。かつて高床式の鳥の巣のような家屋が使われていた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンガノ島
えんがのとう
Pulau Engano

インドネシア、スマトラ島南東部の西岸沖合い120キロメートルのインド洋上にある島。面積435平方キロメートル、人口約500。南西モンスーンの影響で雨に恵まれ、全島密林に覆われる丘陵性の島で、その最高点は281メートルである。開発は交通不便なため後れている。住民はプロト・マレー系のエンガノ人が主で、特異な母系制社会と裸体生活の慣習をもつ。産物はコプラ。集落は西のバルハウ、南東のカユアプ、南西のカブウェがあるにすぎない。この島名はポルトガル人が命名したもので、ポルトガル語で「失望」の意である。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エンガノ島の関連キーワードバリ島ペナン島レダン島アロール島アンボン島ウェタル島オビ島カパス島カパライ島ガヤ島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone