コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンゲルマン Engelmann, Theodor Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンゲルマン
Engelmann, Theodor Wilhelm

[生]1843
[没]1909
ドイツの植物生理学者。ベルリン大学教授。酸素濃度の高い場所に向って運動を起す習性をもつ細菌を緑藻のアオミドロとともに顕微鏡の視野に置き,細い光線で藻を局所的に照しながら細菌の行動を観察することで,光合成が葉緑体で起ることを実証した。葉緑素や葉緑体が光合成に必須の役割を果すことは,J.ザックスらによって以前から指摘されていたが,エンゲルマンによる上記の実験は,光合成の場を決定した点で重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エンゲルマンの関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)グランドティートン国立公園リトグラフアオミドロ補色適応説スプルース葉緑素葉緑体海藻緑藻細菌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android