コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジャメナ N'djamena

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンジャメナ
えんじゃめな
N'djamna

アフリカ中央部、チャドの首都。チャド湖に注ぐシャリ川とロゴヌ川の合流点に位置する。人口53万0965(1993センサス)、99万8000(1999推計)。チャド湖南東の一帯は、中世にはカヌリ王国の中心地で、当時は北に広がるサハラ砂漠を越えて地中海のトリポリやチュニスと結ぶラクダ交易の中継地であった。今日でも町で一般に使われている共通語はアラビア語である。現在の町はフランスの軍人ラミーの占拠によって1900年に築かれた砦(とりで)を起源とし、かつてはフォール・ラミーFort Lamyの名で知られたアフリカ中部の代表的な植民都市であった。おもな輸送手段が自動車にかわり、エンジャメナは中央アフリカ共和国のバンギ、スーダンのハルトゥーム、ナイジェリアのカノなどと陸路で結ばれ、国際空港も開かれている。赤土造りのアフリカ人街やモスクを中心とする典型的なスーダン型都市である。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エンジャメナの関連キーワードアフリカ・ハイウェーフォール・ラミーハルトゥームチャドの要覧ンジャメナチャリ川信行

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android