コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンテロキナーゼ enterokinase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンテロキナーゼ
enterokinase

酵素番号 3.4.4.8 。高等動物の十二指腸粘膜に存在する酵素。膵液中の不活性なトリプシノーゲンの特定のペプチド結合を加水分解し,これを活性型のトリプシンに変える働きをする。トリプシノーゲン → トリプシンの酵素反応はトリプシン自身によっても行われるが,エンテロキナーゼによる場合は数十倍の速度で行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンテロキナーゼ(enterokinase)

十二指腸の粘膜から分泌される酵素。膵液(すいえき)中のトリプシノーゲンを活性化してトリプシンにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エンテロキナーゼ【enterokinase】

ペプチダーゼの一。高等動物の十二指腸粘膜から分泌される酵素。膵臓すいぞうから分泌されるトリプシノーゲンを活性化してトリプシンにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エンテロキナーゼの関連キーワード原因が明らかな難治性下痢症の例カルボキシペプチダーゼプロテインキナーゼトリプシノゲン栄養(人間)ペプチダーゼ消化腸液膵臓

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android